うたらぼ

無課金リモートアカペラチャレンジその2~楽譜データをGarageBandにインポート~

坂田裕介 クリエイティブ, 便利ツール, #DTM, #ミックス, #リモートアカペラ, #レコーディング, #無課金,

皆様こんにちは。
今回より早速無課金で挑むリモートアカペラの具体的行程を
説明していきたいと思います。
基本的には動画で説明していくので、知りたい部分だけご覧ください!!
(楽譜制作の行程は企画趣旨と関係ないので省略します)

制作した楽譜

楽譜データをMIDIデータに変換

レコーディングの前準備として、
GarageBandにMIDIという拡張子に変換し、
GarageBand内に入れる必要があります。
そうすることで、GarageBandで楽譜データを楽器で再生した
音を聴きながら歌う
ことができます。
自分のパートだけ大きくしたり小さくしたり、
特定のパートの音量をコントロールしたりできるので、
自分にとって歌いやすい形を探し録音することができます。

変換方法解説がこちら

スマホに落とすためにmidiデータを保存

続いてmidiデータをスマホへと移動させます。
(GarageBandに入れるため)
その際、身も心もAppleに染まっている方は、
AirdropでMacからiPhoneへと移動させましょう。
その時は「ファイル」に保存してください。
Dropboxへ一旦保存したデータをファイルへ保存する流れ、
LINEを使用して保存する流れをこちらの動画で紹介しているので
ご参照ください。

Dropbox
LINE

midiデータをGarageBandにインポート

iPhoneにダウンロードしたmidiデータを
GarageBandへとインポートします。

midiデータの音色設定はMuseScoreにて

GarageBand上でmidiデータがどんな楽器・音色で再生されるのかは、
MuseScoreでの設定に依存します。
なので音色を変えたい場合は、基本的にはMuseScoreの画面で設定します。

仮にメンバーごとに好きな音色・聴きたい音色が異なる場合、
個々に設定してもらった方が良いでしょう。
GarageBand内で音色を変更する方法はこちら。

というわけで、
完成した楽譜データをGarageBandにインポートするところまでを
今回は紹介しました。
次回はレコーディング前の下準備に関して紹介していきます。
よければお付き合いください。それでは!!

坂田裕介

もっと見る